184

漫画の感想。

『超巡!超条先輩』1・2・3話の感想

『超巡!超条先輩』沼駿 

1話の感想(WJ11号)

あれ?思ってたより面白いぞ。

新米警官・一本木と、悪名高き超能力巡査長・超条のタッグコメディ。

話の構成がよくできてる。超条のキャラ立てに使ったヨーヨーとウィキペディア音読も、ただのギャグで終わらせずに後半に回収。すらっと読めてしまった。

キャラクターも、一本木が表情豊かで良い。話が勝手に進んでいくのもテンポが良い。超条も思ったよりは鼻につかず、結構好き。こいつのギャグ自体はそうでもないが。タッグとして好感触。

あと絵もいい。垢抜けている。コメディ系って絵が癖のある人多いけど、それが漫画の相性を左右する要素になってしまいがち。そういう意味で、この作品は安定していて、万人受けしそう。デフォルメ絵とも相性が良い。

コメディ要素ではなく、物語の構成を評価した形になるが、良い感じ。

ずっとこの二人なわけないので、新キャラとの相乗効果に期待。

↓1話掲載週のジャンプ全体の感想

2話の感想(WJ12号)

うん。…うん。

連載前の印象通り、対象年齢層が低めのようだ。スマホのおじさんも女子高生にもそんなに興味がない。と、典型的なnot for meなので、特に言うことがない。ジャンプだしね。いいんじゃないかな。

クオリティが低いとは全く思わないので、最近落ち目の『ロボコ』あたりとバチバチやってくれたら、面白いものが見れそうな予感。

↓2話掲載週のジャンプ全体の感想

3話の感想(WJ13号)

やっぱ面白いじゃん。話全体が遊戯王の土台にあることを前提にしたうえで、色々なパロディが置いてあって楽しい(ネス・リュカとか)。ぐうの音も出ないところとか、漫画的演出がよく効いていて好き。空気感が良い。あと、密度が大きいところが強い。読み応えがある。良い。おもしろい。

↓3話掲載週のジャンプ全体の感想 

全体を通して

面白い。残ると思う。おそらく『ロボコ』とのバトル。今のままだったらこちらにアンケートを入れたい。前作をよく知らないので、この密度がどこまで続くのかわからないが、当分は大丈夫だろう。ギャグ枠が強い雑誌は、雑誌本来の読者層にウケそうなので、頑張ってほしいなあ。

連載前の印象

jdmgajdmga.hatenablog.com